世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

参議院自由民主党幹事長 参議院議員 世耕弘成オフィシャルサイト

世耕弘成

ホーム > 経済再生

日本経済再生本部で山中伸弥教授講演

2012年11月02日


自民党内に 安倍晋三 総裁直属の党則第83条機関として新設された 日本経済再生本部 に出席して、ノーベル医学・生理学賞を受賞した 京都大学iPS細胞研究所 の 山中伸弥 所長・教授から日本経済再生に向けた方策に関する講演を聴いた。2012年10月8日にノーベル賞の授与が決まった山中伸弥教授は 大阪教育大学附属天王寺中学・高校 時代の 同級生 。

KEYWORD:経済再生, 自由民主党

「新経済成長戦略勉強会」総会で議論

2012年09月10日


財政政策や金融政策を含め日本の経済成長戦略を総合的に検討するため、 自民党 の有志議員で立ち上げた「新経済成長戦略勉強会」の総会が開かれ、代表世話人を務める 安倍晋三 元総理のもと勉強会のあり方や運営方針について議論した。「新経済成長戦略勉強会」は9月5日に設立総会が開かれ、自民党の衆参両院議員61名の発起人からなる議員連盟。

KEYWORD:経済再生

「新経済成長戦略勉強会」設立総会

2012年09月05日


財政政策や金融政策を含め日本の経済成長戦略を総合的に検討するため、 自民党 の有志議員で立ち上げた「新経済成長戦略勉強会」の設立総会に出席して、代表世話人を務める 安倍晋三 元総理のもとで今後の景気回復策等について考えた。講師は1926年に創立された世界有数の経営コンサルティング会社 A.T.カーニー株式会社 日本代表の梅澤高明氏。

KEYWORD:経済再生

ニュース和歌山「国政直送便」/食品輸出の拠点 和歌山に

2012年08月18日

食品輸出の拠点 和歌山に


県内経済の冷え込みは厳しく、政治の重要課題は雇用と所得を創造、地域経済を活性化することです。

「私は予算を取ってきました」とアピールする議員がいますが、「国から予算を持ってくる」という中央依存では真の地方経済活性化に繋がりません。予算は個人が「持って来る」ようなものではなく、各種経緯があって決まるもので、個人の手柄のように粉飾して顕示するのは政治家として如何かと思います。

私は和歌山県経済の立て直しのために、色々取り組んできましたが、効果が出ないのが実状です。各市町村も「企業誘致」に取り組んでいるものの十分な成果が上がっていません。


そんな中、私が理事長を務める近畿大学農学部の若手准教授から和歌山で最も苦しい状況にある新宮・東牟婁地域の活性化に関して、面白い構想が提案されました。逆転の発想で「地域から産業を興す」という構想を聞いて、私は直ちにゴーサインを出しました。
新宮港に広大な埋め立て地がありますが、一向に企業は進出していません。それを活用し、輸出型水産冷凍加工施設を作る、というのが今回の構想です。条件不利地の新宮地域ですが、水産加工・輸出という観点に立つと非常に有利な位置にあります。

周辺には養殖業者が多数存在し、大量の魚を集積できます。また太平洋側には国際衛生基準をクリアした最新冷凍加工施設はないため、新施設を作れば、冷凍加工品輸出を独占的に実施することができます。近くには近大水産研があり、輸出先の味覚に合わせた養殖魚の開発も可能。新宮港では大型船を横付けしてそのまま製品の積み卸しができます。新宮港には税関があるので、輸出手続きも容易です。


こういう長所を活かし、加工施設を作り、欧米やアジアに水産加工品を輸出していこうというプロジェクトに近大と新宮市、新宮港埠頭(株)が一体となって取り組んでいくことになりました。将来は加工施設を軸に、他の食品輸出関連施設も集積させ、日本の食品輸出の中心地にしていきたいと夢を膨らませています。

大企業に進出してもらうのではなく、地域特性を生かした産業を創り上げていくというこの取り組みが、苦境に喘ぐ他の県内市町村のヒントになればと思います。

KEYWORD:和歌山, 経済再生

和歌山新報「がんばってます」/逆転の発想で産業を興す

2012年08月14日

逆転の発想で産業を興す

―新宮に水産加工の集積を―

和歌山県経済の冷え込みは厳しい。政治家にとって重要課題は、和歌山等の地方経済活性化を進め、新たな雇用と所得を創造し、地方に活気と希望を取り返すことである。

「私はこんなに予算を取ってきました」と自己アピールする政治家を時々見かけるが、「国から予算を持ってくる」という典型的な中央依存の発想で真の地方経済の活性化には効果がない。そもそも国の予算は政治家個人が「持って来る」ようなものではなく、色々な経緯や働きかけがあって決まるもので、それを個人の手柄のように粉飾して顕示するのは政治家としていかがかと思う。

私自身、和歌山県経済の立て直しのために、いろいろな取り組みを行ってきたが、中々決定打が出てこないのが実状である。県下の各市町村の地域活性化策の切り札は「企業誘致」だが、成果が上がっているとはいえない。


そんな中、私が理事長を務める近畿大学農学部の水産経済学担当の若手准教授から和歌山でも最も苦しい状況にある新宮・東牟婁地域の活性化に関して、面白い構想が上がってきた。「企業誘致」からの逆転の発想で、「地域から産業を興す」というアイデアである。構想を聞いて、私は理事長として直ちにゴーサインを出した。

新宮港には企業誘致を期待して広大な埋め立て地が造成されたが、一向に企業は進出していない。その用地を活用し、輸出型の水産冷凍加工施設を作る。というのが今回のアイデアである。和歌山でも最も交通の便が悪く、条件不利地と見られている新宮地域だが、水産加工・輸出という観点に立つと、実は非常に有利なポジションにある。

まず周辺沿岸には養殖業者が多数存在し、大量の魚をコストをかけずに集積することができる。また既存の水産加工施設が鮮魚を中心とした国内向けであることと、有力漁港には大型の旧式の設備が存在し更改にコストと時間がかかるため、日本の太平洋側には世界的な衛生基準をクリアした最新の冷凍加工施設はないため、新宮港に新型施設を作れば、海外向け冷凍加工品輸出を独占的に実施することができる。また近くには近大水産研究所があり、輸出先の味覚に合わせて冷凍加工しても美味しく食べることのできる養殖魚の開発も可能である。そして新宮港湾は最新の設備を備えており、大型船を横付けしてそのまま製品の積み卸しができる。さらに新宮港には税関があるので、輸出手続きも簡単にできる。
 


こういった長所を活かして、水産加工施設を作り、欧米やアジア地域に水産加工品を輸出していこうというプロジェクトに近畿大学と新宮市、そして新宮港埠頭(株)が一体となって取り組んでいくこととなった。将来的にはこの加工施設を軸に、他の食品加工施設も集積させ、日本における食品輸出の中心地にしていきたいと夢を膨らませている。

このように、大企業にお願いして進出してもらうのではなく、ましてや国にお願いして予算をもらうのでもなく、地域の特性を生かした産業集積地を自ら創り上げていくというこの新しい取り組みが、苦境に喘ぐ他の和歌山県市町村のヒントになってくれればありがたい。
 

KEYWORD:和歌山, 近畿大学, 経済再生