世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

経済産業大臣 国際博覧会担当大臣 ロシア経済分野協力担当大臣 参議院議員 世耕弘成オフィシャルサイト

世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

世耕弘成

ホーム > 和歌山新報「がんばってます」/東京五輪決定のIOC総会へ

和歌山新報「がんばってます」/東京五輪決定のIOC総会へ

2013年10月01日

東京五輪決定のIOC総会へ

―歴史的な2泊6日の総理外遊―

9月4日から9日にかけて、安倍総理とともに2泊6日という想像を絶する強行日程でロシアのサンクトペテルブルグにおけるG20サミットと、アルゼンチンのブエノスアイレスにおける国際オリンピック委員会総会に出席してきた。  まず9月4日午後に政府専用機で羽田を出発。現地時間その日の夕方にサンクトペテルブルグに到着。到着後直ちにイギリスのキャメロン首相との電話会談が設定された。両首脳はG20サミットでシリアへの人道支援で両国がリードしていくことを確認した。

 

翌日はまずプーチン大統領との首脳会談。両首脳は日ロの経済協力プロジェクトが順調に進んでいることを確認し、平和条約に向けて両国外務省間で交渉を進展させることを約束した。 続いて到着したばかりのオバマ大統領との首脳会談。この会談はアメリカ側からの要望でセットされた。シリア問題での連携をはじめとするあらゆる分野での協力が確認された。 その後はG20首脳会議に総理は出席。会議は夜10時まで続き、その後首脳夕食会へと進んだ。その間安倍総理は首脳控え室で習近平中国国家主席と立ち話であいさつを交わし、夕食会では朴槿恵韓国大統領とも立ち話を交わした。 夕食会を中座した安倍総理は、深夜専用機でサンクトペテルブルグを出発し、アメリカのボストンでの給油時間も含め、24時間近くかけてブエノスアイレスへ移動。夕方に現地入り。

到着直後から精力的にIOC委員への働きかけを行った。夜7時からはIOC総会開会式とカクテルパーティ。この場も重要なPRの場であり、総理は積極的にIOC委員に東京の魅力をアピールした。そしてパーティ終了後も深夜まで委員への働きかけを続けた。

 


翌日は早朝7時半からプレゼンテーションのリハーサル。時間をかけて何度も行われた。われわれフロアに座るメンバーも拍手の練習までした。  それらを全部終え、専用機に搭乗したのは深夜0時過ぎ。そのままロサンゼルスまで飛び、いったん給油。そして東京へと帰ってきた。
 
 たった6日間(しかも2泊)の出来事とは思えないくらい、充実した内容の出張であった。ハードスケジュールではあったが、疲れを感じる余裕がないくらい息の抜けない内容でもあった。この歴史に残る安倍総理の出張に官房副長官として同行し、あらゆる面で総理をサポートできたことは、自分にとっても一生忘れられない思い出になると思う。

KEYWORD:イベント, 和歌山