世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

参議院自由民主党幹事長 参議院議員 世耕弘成オフィシャルサイト

世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

世耕弘成

雇用・住居確保決議案に全会派合意

2009年01月07日


1月6日に参議院の野党4党が共同提出した緊急決議に自民党として対案を提示、協議し、「 雇用と住居など国民生活の安定を確保する緊急決議案 」として全会一致で採択されるに至った。同様の決議が採択されたのは1986年12月の「雇用の安定に関する決議」以来、約22年振り。 ※「 雇用と住居など国民生活の安定を確保する緊急決議案 」の内容を見る

KEYWORD:社会保障, 参議院

財務大臣演説に対する質疑等を協議

2009年01月06日


1月5日の参議院本会議における 中川昭一 財務大臣の財政演説に対する各党の代表質問について、国会の参議院内で開かれた議院運営委員会理事会で与野党協議を行う。代表質問は衆参両院の本会議でそれぞれ行われ、8日から衆議院予算委員会で第2次補正予算案の審議が始まる予定。

KEYWORD:参議院

議運で参議院本会議の議事等を協議

2009年01月05日


第171回通常国会(会期:6月3日)の召集にあたり、参議院議長サロンで開かれた議院運営委員会で本会議の議事(議席指定、常任委員長選挙、財務大臣財政演説等)に関する協議を行う。参議院本会議場に天皇陛下をお迎えして行われた第171回通常国会開会式に出席する。

KEYWORD:参議院

田辺商工会議所「新春年賀会」で懇談

2009年01月04日


和歌山県 田辺市 の地元商工関係者が多数参加された 田辺商工会議所 主催の新春年賀会で一言祝辞を述べ、鏡割りなどのイベントに参加する。 和歌山放送 の2009和歌山県出身国会議員座談会に生出演、西武ライオンズ・ 西口文也 投手を励ます新春の集いに出席する。

KEYWORD:和歌山, イベント

和歌山新報「がんばってます」/二次補正提出先送り

2008年12月23日

二次補正提出先送り

― 命運にぎるは中堅・若手の提言 ―

去る11月20日午後、国会議事堂のそばにある国会図書館の会議室に自民党議員十数名が密かに集合した。塩崎恭久、茂木敏充、石原伸晃、伊藤達也、渡辺喜美など政界では政策通で通っている面々である。私も呼びかけ人の一人として参加していた。

 自民党の政策立案機能が停止している。経済がとんでもない危機的状況に陥ろうとしているのに、きちんとした対応策が打ち出されていない。厚生年金記録の改竄という新たにとんでもない問題が持ち上がっているのに、十分な救済策が議論されていない。国民が厳しい経済状況に苦しんでいるのに、政治家や公務員が率先して血を流すような取り組みが行われていない。そういう危機感を参加したメンバーは共有していた。

 政策に精通した、大臣などの重要ポストも経験して一定の知名度や重みのある議員を中心に、厳しい現状に対応した政策をつくり、発信し、麻生総理や自民党幹部に実行を迫っていこう。そういう目的でわれわれは集まった。またここで自民党の中堅・若手が行動を起こさなければ、自民党全体が国民から見放されてしまうのではないかという危惧もあった。



会議室では、どの政策から優先的に扱っていくべきか、熱い議論が闘わされた。その中でメンバーの中から「麻生総理は第二次補正予算の国会提出を年明けまで引き延ばすそうではないか。年末に向け経済が厳しさを増していく中で、補正予算案すら国会に提出されていないようでは、国民に説明がつかない」、「二次補正先送りを黙って見過ごしたのでは、経済政策を提言する資格はない」という意見が出た。

 そこで急遽、翌21日に官邸に対して「二次補正の早期国会提出」を求める要望を行うことになった。要望書は私が徹夜で作成した。会の名前も「速やかな政策実現を求める有志国会議員の会」とした。そして21日の昼過ぎに、河村官房長官に対して要望書を手渡したのである。

 われわれの要望は聞き届けられることはなく、結局25日には総理自身が見送りの方針を発表した。その結果、麻生総理は国民から「経済対策に積極的でない」、「リーダーシップが欠如している」と判断され、支持率が急落することにつながった。われわれの提言が聞き入れられていればと残念でならない。

 現在、会のメンバーは50名近くに膨れあがっている。この会に対して倒閣運動だとレッテルを貼る人たちがいるが、間違いである。あくまでもわれわれは政策提言を通して、麻生内閣を支えていこうと考えている。今の自民党に総理大臣を交代させている余力はない。できる限り麻生総理を支えて反転攻勢に出るしか道は残っていないのである。今後ともわが会は、経済危機対応策や年金救済プログラム、議員歳費のカットや議員定数の削減について現実的な政策を打ち出していく覚悟である。中堅・若手の必死の提言を受け入れられるかどうかに自民党の命運がかかっているといっても過言ではない。

KEYWORD:自由民主党, 基本政策