世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

経済産業大臣 国際博覧会担当大臣 ロシア経済分野協力担当大臣 参議院議員 世耕弘成オフィシャルサイト

世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE 世耕弘成 SEKO HIROSHIGE

世耕弘成

ホーム > 近畿大学

日本消化器外科学会特別企画で討論

2009年07月18日


第64回日本消化器外科学会総会 “洗心〜今、医の原点を求めて〜”の特別企画(4)「消化器外科医の勤務環境改善のために何をなすべきか」で与党の立場を代表して討論に参加した。第64回目を迎えた大阪総会の会長は 近畿大学医学部 外科学教授で医学部長の 塩?均 氏。

KEYWORD:イベント, 近畿大学

近畿大学事業計画について意見交換

2009年05月25日


学校法人近畿大学 の副理事長として、大学内で総務部の次長および財務部の次長らから新たな事業計画の具体的な中身について説明を受ける。定例の近畿大学評議員会および理事会に出席し、平成20年度決算および平成21年度予算などについて審議する。

KEYWORD:近畿大学

近大和歌山中学校国会見学前に激励

2009年03月17日


研修旅行の一環で国会議事堂見学に訪れた学校法人 近畿大学 付属 和歌山中学校 2年生の生徒約110名を前に、副理事長として国会についてのレクチャーを交えて激励の挨拶を行う。国会見学終了後、一行は 東京大学 の安田講堂や 東京タワー などを見学してまわった。

KEYWORD:近畿大学

全日本アーチェリー大会でメダル授与

2009年03月15日


第18回全日本室内アーチェリー選手権大会の閉会式で 全日本アーチェリー連盟 (会長: 安倍晋三 元総理)顧問として優勝選手に表彰状及びメダルを授与し、閉会挨拶で大会を締めくくった。3月4からポーランドで行われた世界選手権に日本代表として出場した吉永弘幸選手( 近畿大学 )らが優勝された。

KEYWORD:近畿大学, 和歌山

和歌山新報「がんばってます」/みかんから薬をつくる

2003年09月02日

みかんから薬をつくる

価格安定のためのプロジェクト立ち上げ

和歌山のみかんの東京や大阪の市場での評価が低下傾向にある。愛媛や静岡に差をつけられただけでなく、熊本にも抜かれ、佐賀がすぐ後に迫ってきているという状況である。原因としては不適地での作付けを続けていることや選果や摘果が十分でないことなどが指摘されている。

 和歌山県にとってみかんは農業の基幹をなす作物であり、その価格が低下しているという事態は農業分野のみならず県経済全般に悪影響を及ぼすので、早急な対策が必要である。

 県に対しても糖度センサーの導入促進の施策を取るように要請を行ったり、演説会などでこの問題に注目するよう啓発に努めているところである。しかし演説や啓発を行っているだけでは真の改善にはつながらない。

 汗をかいて努力している農家の人たちに報いるためにも、私個人としても何か具体的な行動を起こしたいと考えて、私が理事を務める近畿大学が中心となってみかんから天然の薬を抽出するプロジェクトを立ち上げることにした。

 みかんは古くからのどの痛みや肌荒れなどに効くといわれてきたが、薬理学的に見ても花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に非常に大きな効果のある物質が含まれていることが確認されている。今回私が総括役として立ち上げたプロジェクトは、この物質を抽出して健康食品として錠剤の形で販売していこうというものである。

 現在日本では花粉症を中心としてアレルギーが深刻な社会問題となっている。一方でアレルギー対策の健康食品は大きなマーケットともなっている。和歌山のみかんがこのマーケットに参入することができれば、みかんの消費拡大に大きく貢献することになる。

 しかもこの抗アレルギー物質は摘果期の青みかんに大量に含まれている。従来は廃棄処分していた青みかんを健康食品の材料として買い上げることができれば、農家にとって摘果のインセンティブが発生し、最終的には和歌山のみかんの価格安定につながることになる。

 今回のプロジェクトには近畿大学の薬学部、農学部、生物理工学部、医学部が学問の領域を超えた形で連携している。農学的生産法や薬理学、東洋医学、遺伝子工学の多面的な観点から、より効率的に抗アレルギー物質を取り出せる新品種みかんの開発やより効果的な使用方法等の開拓を行っていきたいと考えている。またアレルギーに悩む患者の皆さんにもご協力いただいて、その効果の検証も進めていきたい。

 またこのプロジェクトを単なる研究室内の勉強に終らせることなく、民間企業の協力や出資も得て、今年中には大学初ベンチャービジネスという形で事業化し、地域の産業振興や雇用の確保にもつなげていきたいと考えている。

 近大は昨年の生物理工学部に続いて、今年も水産研究所が全国トップ30研究所(COE)に選定されるなど和歌山県の科学技術振興で先進的な役割を果たしている。この研究を和歌山の産業の振興にこれからも役立てていきたいと考えている。

KEYWORD:和歌山, 近畿大学